ホーム>スタッフブログ>機能改善・向上>トレーニング≠ボディメイク ところで"歪み"ってホントに歪んでるの?
機能改善・向上

トレーニング≠ボディメイク ところで"歪み"ってホントに歪んでるの?

タイトルにした

トレーニング≠ボディメイク

と言うのは、トレーニング(主にウエイトトレーニング)をしてボディメイク出来ないと言う話ではなく、正確に言うと

「必ずしもボディメイク目的のためだけにトレーニングを行う訳ではない」

と言うこと。

 

 

パーソナルトレーニングを受ける方、また、ご自身でジムへ通われている方。

皆さんそれぞれにトレーニングをする”目的”があるかと思います。

”こうなりたい”と言うものがあると思います。

ない方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかく大切なお金を払って通われるのですから、しっかりと目的を持って行うことをおススメします(^^)

 

 

 

中でもボディメイクやダイエットを目的とする方はやっぱりとても多いです。

実際にパーソナルを受ける方もここが目的の方が多いですね。

 

 

ただトレーニングってそれだけではないんです。

(実は私がトレーニングを通じてお伝えしたいところってこっちが強い。)

体のあらゆる不調を軽減してくれたりもします。

 

 

肩こり・腰痛・膝痛

また、俗に言う

”歪み”

これらを改善してくれる可能性だって大!!です(*^_^*)

 

 

肩こり・腰痛・膝痛にしても”歪み”にしても、”体の使い方のクセ”が原因と言うことが多いです。

また、一時的にどこか痛めてしまって、それをかばおうとして起こる別の場所への過剰な負担など。

他にも当然ありますが。

 

 

今どこか痛いと言う方は思い当たるふし、ありませんか?

 

例えば

「右足首を捻挫した」

と言うとき、自然と左足でかばうようにして歩きますよね?

こう言ったとき、最初は捻挫したところの痛みが出ますが、あとになって来て今度は「左足が痛い、、、」となることも多々見られます。

まさに右足をかばった結果ですよねheart03

 

 

 

また、”歪み”と聞くと、骨盤を連想する方が多いのではないでしょうか?

確かによくあることですが、たぶん私たちの考えている「歪み」と、皆さんの思う「歪み」って違うんですよね。

私たちのお伝えしたいのは例えば

「本来骨盤は前の方が少し下がって後ろが少し上がっている状態が理想のポジションなんですが、お客様の場合はその傾きが極端で、、、」

とか

「左側の方が少し上がり気味ですね」

と言うもの。

ですが、この”歪み”と言う言葉、なにやら怖くないですか??(^_^;)

「骨盤がズレてますね」なんて言われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか??

骨盤が体内で左右にスライドしている訳ではありません(^_^;)

 

 

20161121111850.jpg

 

歪み、、、

こんなイメージでしょうか。

*画像はカインズホームのサイトより

 

 

骨盤がこんな風に変形することは通常ありえません。

なので、あまり「歪んでますよ」と言う言葉に怖がらないでくださいね!

 

 

 

で、例えば上に書いたような(骨盤の傾きが極端に前が下がっている)骨盤の”歪み”がある方って、反り腰にもなりやすく、腰に負担がかかりやすい状態に常にいる訳です。

すると気づけば「腰痛」が起きてきて。

その原因がなんなのかわからないので接骨院とか整体とか色々行くわけです。

 

 

整体とかで施術を受けることもいいとは思いますが、自分自身で自分自身の体をコントロール出来た方がよくないですか??

と、私は思うんです。

 

骨盤ベルトとか巻くのもいいと思います。

でも外からのモノに頼るのではなく、内から改善した方がいいのではないかって思うんです。

 

 

こうした部分を内側から改善してあげると、面白いことにバランスもよくなってきます(^^)

 

 

 

20161121111834.jpg

 

 

写真はバランスディスク。よく見かけるかと思います。

これは私がお気に入りのタイプです☆

*画像はAmazonより

 

 

こう言ったツールも様々な使い方が出来ますが、その名前から「乗っていればバランスがよくなる」と考える人も少なくないです。

確かにそういったことも少なからずあるかもしれませんが、私は違うと思ってます。

 

だって不安定なものに乗ってグラグラしている状態って、その「グラグラする原因」がある訳なんです。

そこを修正していかなければ、仮にバランスディスクに立てるようになったとしても、それは「立てるようになった」だけ

根本の解決にはなっていないと思っています。

 

根本の解決をしていってあげれば”結果として”バランスディスクにも安定して立てるようになりますし、安定して立てるようになった頃には骨盤の”歪み”もかなり改善しているはずです(^^)

左右差が大きくあった方は、その辺りもかなり小さくなっていることかと思います。

*この左右差というものも誰でもあって当然です。その”度合い”が問題なのです。

 

 

そしてその結果、「体のラインにも変化が出る」と言うことは大いにあります。

そして当然極力”歪み”のない状態でトレーニングに入る訳ですから、どこか一か所に無駄に負担がかかるようなことも起きなくなる訳です☆

 

 

2016101911612.gif

 

*上の絵は「NEVERまとめ」のこちらのページより

 

 

だから私はボディメイク希望の方でも最初に「使い方」の部分をしっかり見ることを基本的に行なっています。

アンバランスに筋肉が発達していくよりも出来るだけ左右バランスよく発達した方がいいと思う方がほとんどだと思うんです。

 

実際にパーソナルを受けてくださっている方々からパーソナル開始直後に頂くのは

「肩こりしなくなった」「腰のだるさ・痛みがなくなった」

などの声です(^^)

私としてはもの凄く嬉しいこと♡

 

もちろん、「そんなことはどうでもいいからとにかくガンガンウエイトトレーニングをしてくれ!!」と言う方にはそのご希望に沿ってメニューを作成します。

 

ただ今回書かせていただいたように、どんなトレーニングをご希望の方にとってもこの「体の使い方」の部分はとっても大切なところで、省いたらイケナい部分なのではないかと思っています。

 

 

 

「実際にはどんなことをしたらいいの?」

と質問を受けることも多いのですが、これこそその方の今の状況を見ないと全くわかりませんm(__)m

 
 
 

 

実際に私自身もここは本当に大切にしていて、様々なウォーミングアップを実施したのち、自重のトレーニングもこう言った意味で必ず行なっています。

いわゆる「追い込む」ことが目的ではなく、「しっかり動かせるようにしてあげる」ことが目的の自重トレーニング。

こう言った部分をきちんとやってから行なうトレーニングと、やらずに行なうトレーニングとでは、全く体の動きが違います。

 

 

 

普段ボディメイクについてばかり書いていたので(^_^;)イチバンお伝えしたいところもこうしてときどき書いて行こうと思います(^^)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.healthy-beauty-mochida.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/29

ページ上部へ